スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法学院エスペランサ



管理人評価
★★☆☆☆


学園系王道3DMMORPG
非常にライト層向けの作りになっていて、誰でも簡単にプレイできる内容だと思います

基本的にクエストを絡めた進行で、クエスト対象モンスターや報告NPCなど、全て自動移動が可能です
そして場所に到着したらオート狩り機能で放置、完了したらまた自動移動で報告・・・
これの繰り返しだけでサクサク進みます

まあMMORPGってのは基本作業なので、これが悪いとは言いませんが・・・
ちょっと簡単すぎて暇になります

後は一応可愛い系な世界観だと思うんですが、ちと微妙なグラフィック
好みによると思いますが、見た目で楽しむのも難しいかな~

まあMMORPG慣れしてる人には、厳しい内容であるのは間違いないでしょう
初心者の人やまったり遊びたい人向けのタイトルですな
必要動作環境推奨動作環境
CPUPentium4 1.6GHz以上Core2 Duo 以上
メモリ1GB2GB
グラフィックGeForce FX 5系統以上GeForce 6系統以上

3DMMORPG
料金形態
登録・ダウンロード無料
↓↓登録・ダウンロードはこちら↓↓
公式ホームページ
今時これくらいのMMOじゃ流行らないでしょう
スタートダッシュして上位になりたい人のために生み出されたような量産型MMO
[ 2012/04/15 ] [ 編集 ]
ぱっとしない
クソではないけど楽しくない
退学
[ 2012/04/12 ] [ 編集 ]
 4月10日にオープンβが始まったばかりですが、4月12日から正式サービス開始ですよ!
 プレイ時間が足りないのと、慌てて書いているので、思い違いなど多々あるとは思いますが、ご容赦のほどを。

 この『魔導学院エスペランサ』は、剣と魔法の世界に、学園モノという設定を織りまぜたMMORPGです。
 台湾で雷爵(Lager)社が展開している『希望之光Online』の日本版で、中国の崑崙ゲームの日本法人、崑崙日本(コラムゲーム)が運営を担当します。
 雷爵といえばあの『童話王国』を世に出したメーカー(『Knights of Kingdom』もそうですが……)。本作も個人的にかなり期待していたりします。

 このゲームの最大の特徴は、ライトユーザー向けに設計されている点です。
 方向性としては『晴空物語』が近いのですが、本作はもっともっとライトユーザー向けだと思います。
 難しい操作がいらない……というか、基本的に何か指示をして、あとは見守る(放置する)だけ。とにかく、簡単なのです。
 ヘビーユーザーの評価は、おそらくボロクソでしょうが、ここまで開き直っていれば、逆に清々しいような気もします。
 
 さて、実際にゲームを始めてみると、グラフィックがちょっと微妙……。好みが分かれるところでしょうが、かわいい路線にしては中途半端かもしれません。
 ただ……、声優陣は、いいところを突いています。予算の関係でベテランや中堅がキャスティングできないだけかもしれませんが、若手の人気どころをそろえています。近年の声優押しゲームの中では、かなりイマドキっぽい人選です。
 しかも、職業や見た目と、担当させる声優を自由に組み合わせ可能なので、これはイイと思いました。

 動作は見た目のわりには、やや重い印象です。必要動作環境くらいだと、ちょっとキツイかもしれません。
 後述のように放置メインのゲームなので、ほかのアプリケーションと同時起動する機会が多くなると予想されるだけに、もうちょっと軽くてもよかったような気がします。

 システム面で気になったのは、自動戦闘。
 「補習特訓」というのは、ありそうでなかった設定です。ほかの作品でも自動戦闘はありますが、ひと味違います。
 特訓になると、キャラクターがジャージに着替えるあたりなど、なかなか芸が細かくて好感がもてました。
 ただ逆に、この自動戦闘で間に合ってしまうので、戦闘自体は退屈かもしれません。まあ、そこは手動に切り換えればいいだけ……という説もありますが……。

 戦闘のひとつのウリに挙げられているカードですが、実際にプレイしてみると、それほど重要ではない……というか、まあ、自動戦闘メインなんで仕方ないですか……。

 ゲームを始めてしばらくは、クエストを進めていくだけでレベルが上がっていきます。
 2日くらいのプレイだと、ソロで困ることは全然ありませんでした。
 そんなわけで、まだゲーム内で仲間ができていなかったりします。ソロプレイ上等の仕様なのでしょうか?
 まあ、これからレベルが上がってゲームが進んでいくと、パーティを組んで遊ぶことになるのだと信じています。
 大丈夫ですよね??

 公式HPを見ていると、ゲーム内イベントなど、いろいろおもしろそうな要素はあるのですが、いかんせん、わずか2日ではそれを体験することができませんでした。
 学園モノの設定もあるので、楽しくなりそうな雰囲気は感じます。そういう意味の期待感はあるんですが、同時に早い段階でやることがなくなりそうな予感もします。

 一応、運営と課金についても触れておきます。
 自分は崑崙日本のゲームをプレイするのは初めてなので、よくわからないことが多いです。公式HPを見ると、クライアント型のMMORPGを手がけるのは初めてらしいので、どういう運営をするのか気になります。
 課金については、課金商品が実装されていなかったので、まだわかりませんが、重課金推奨にならないことを祈ります。
 オープンβの段階ではインベントリが窮屈だったので、ロッカー(荷物枠)などが販売されるのかな? あとは見た目系でしょうか……。
[ 2012/04/12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿










*注意
コメントはゲームに対するコメントにして下さい。
管理人へのメッセージはここには書かないで下さい、お問い合わせよりお願いします。
URLの記入は控えてください。
不適切な発言と判断した場合、削除する場合があります。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。